B型肝炎ワクチン接種について

B型肝炎ウイルスは、体液(血液、唾液等)から他人に感染する恐れあります。そのため、諸外国では生まれて直ぐにワクチンを接種しています。幼少時に感染すると保因者となり、将来「肝臓がん」になる可能性があります。これらの危険から子供を守るためにワクチン接種をお勧めいたします。

H27年4月1日からは、定期接種になりました。

 

詳細は、「豊島保健所」03-3987-4172 または「豊島区医師会」03-3986-2321 にお問い合わせください。

2017-01-04 | Posted in 新着情報Comments Closed 

関連記事